Asao Acupuncture
Services

                 鍼灸治療とは



鍼灸治療はそれぞれの人が持つ自然治癒力を引き出し、免疫力を高めて病状を改善する治 療法です。

全身に縦横無尽に張り巡っている経絡を流れる気血の巡りが滞ると、その経絡につながっている内 臓などに影響が及び、不調をもたらすという考えから、経絡の反応点であり治療点であるツボを選 んで治療を施すことで、経絡の気血の流れを改善して不調、病気を治療・予防します。


鍼や灸で身体の一部を刺激すると


・中枢神経の中にモルヒネのような役割を持ったホルモン(内因性オピオイド)が放 出されるため、痛み を脳に伝える神経経 路をブロックします。これによって、腰痛・膝痛などの痛みをやわらげます。

今アメリカで深刻な問題になっているオピオイド・クライシスとは、痛みを止めるために摂取する 麻薬 性鎮痛薬のオピオイドの依存症*に陥り、乱用することで死亡事故が急増し、国家非常事態 宣言にまで 達しました。 鍼治療ではその効果を麻薬によらず、体にあるホルモンに 作用させようとします。


・筋肉の緊張をゆるめ、施術箇所周辺の毛細血管を拡張し、新陳代謝を高める効果もあります。そ の結果、たまっていた疲労物質が流されて、筋肉の疲労が回復します。

・鍼灸で体の表面を刺激すると、内臓にも影響をあたえ、その機能を改善させる効果もあります。


・自律神経系のバランスを整えるはたらきもあります。

・鍼灸治療はそれぞれの人が持つ自然治癒力を引き出し、免疫力を高めて病状を改善する治   療法なのです。



*(Wikipedia から引用) オピオイド薬の使用には、オピオイド依存症や、離脱症状、また過剰摂取による死亡の危険性があ る。アメリカでは、薬物中毒死の43%までも、オピオイド医薬品の過剰摂取で占めており、2014 年にもアメリカ神経学会は頭痛、腰痛、線維筋痛症などの慢性の疼痛では、オピオイドの使用は危 険性の方がはるかに上回るという声明を行っている。死亡は止まらず、2017年にはアメリカで「 オピオイド危機」と呼ばれる公衆衛生上の非常事態が宣言された。